アクティブ・サイエンス・レビュー

レーザーをはじめ, パワーメーター/LED光源/ゴーグル/腐食抑制剤/レーザー色素などのレーザー関連製品, ウェアラブルカメラ/LEDプロジェクター/デジタル顕微鏡などを取り扱うアクティブレイ・サイエンティフィック株式会社が発行しています。
『最先端の研究と歩む』をテーマに、光学を始め、工学・技術・化学・科学・医学などに関連した研究・実験・開発のニュースを各新聞記事から紹介します。
複数種類の害虫を同時に防除する、“一石二虫”の技術を提唱 琉球大学など
0

    【2018年10月28日 大学ジャーナルより】

    琉球大学、帯広畜産大学、高知大学は共同研究で、複数の種類の害虫を同時に防除・根絶するための、不妊化と「求愛のエラー」を組み合わせた新たな技術を提唱した。

    不妊虫放飼とは、人為的に不妊化した害虫を大量に放すことで野生の害虫が正常に繁殖できないようにし、ターゲットの害虫を根絶させる技術だ。化学農薬を使用しない環境にやさしい害虫防除法として世界で広く利用されているが…

    <続きを読む>

     

    Blue-Violetレーザー(375nm/395nm/405nm/430nm/435nm/442nm/445nm/457nm/473nm/488nm)

     

    腐食抑制剤 OptiShield(Corrosion Inhibitor), 腐食防止, 腐食抑止

     

    レーザー色素 (吸収色素, 381nm~899nm, 900nm~, 紫外域(UV)から近赤外(NIR)まで800種類以上)

     

    ルーペ/メディカル・ルーペ/手術用/サージカルルーペ
    双眼ルーペ/医療用/歯科用/解剖用

     

    紫外線硬化型接着剤, 紫外線接着剤

     

    盗難防止ナット, 防犯ナット (盗難防止, 盗難防止ボルト, 取り外し防止)

     

    <アクティブレイ・サイエンティフィック株式会社>

    | 開発 | 07:30 | - | - | - | - |
    血糖をモニタリングするコンタクトレンズ型装置の試作に名古屋大学が成功
    0

      【2018年10月28日 大学ジャーナルより】

      名古屋大学大学院工学研究科の新津葵一准教授らの研究グループは、世界最小クラスのコンタクトレンズ方式の血糖モニタリング装置の試作に成功した。糖尿病治療や予防においては、患者自身が血糖値を持続的に把握することが重要である。血糖値の測定には、従来、皮下にセンサーを埋め込むなどの侵襲性(体内に傷をつける)のある装置が主流であった。…

      <続きを読む>

       

      Blue-Violetレーザー(375nm/395nm/405nm/430nm/435nm/442nm/445nm/457nm/473nm/488nm)

       

      腐食抑制剤 OptiShield(Corrosion Inhibitor), 腐食防止, 腐食抑止

       

      レーザー色素 (吸収色素, 381nm~899nm, 900nm~, 紫外域(UV)から近赤外(NIR)まで800種類以上)

       

      ルーペ/メディカル・ルーペ/手術用/サージカルルーペ
      双眼ルーペ/医療用/歯科用/解剖用

       

      紫外線硬化型接着剤, 紫外線接着剤

       

      盗難防止ナット, 防犯ナット (盗難防止, 盗難防止ボルト, 取り外し防止)

       

      <アクティブレイ・サイエンティフィック株式会社>

      | 開発 | 07:30 | - | - | - | - |
      昆虫のナナフシ、鳥に食べられ卵を拡散か 神戸大など研究チーム
      0

        2018年5月29日 産経ニュースより】

        昆虫のナナフシの卵は鳥に食べられても糞(ふん)に交じって排(はい)泄(せつ)され、その後孵(ふ)化(か)することを神戸大などの研究チームが発見した。飛べないナナフシは、体内に卵を持ったまま鳥に捕食されることで生息域を広げた可能性があるという。28日(日本時間29日)の米科学誌「エコロジー」電子版に掲載された。…

        研究チームの末次健司・神戸大特命講師は「今後は各地に生息するナナフシの遺伝子配列の特徴が、鳥の飛行ルートと一致するかも調べたい」としている。

        <全文を読む>

         

        266nm, 320nm, 355nm, 360nm DPSSレーザー
         

        腐食抑制剤 OptiShield(Corrosion Inhibitor), 腐食防止, 腐食抑止

         

        レーザー色素 (吸収色素, 381nm~899nm, 900nm~, 紫外域(UV)から近赤外(NIR)まで800種類以上)

         

        ルーペ/メディカル・ルーペ/手術用/サージカルルーペ
        双眼ルーペ/医療用/歯科用/解剖用

         

        ウェアラブルカメラ (実験手順/操作手順撮影, 外科手術/歯科手術撮影,

        動物/魚類解剖撮影, 製造手順/点検手順撮影)

         

        腐食抑制剤 OptiShield(Corrosion Inhibitor), 腐食防止, 腐食抑止

         

        盗難防止ナット, 防犯ナット (盗難防止, 盗難防止ボルト, 取り外し防止)

         

        <アクティブレイ・サイエンティフィック株式会社>

         

        <アクティブレイ・ワイヤード・マーケット>

         

        アクティブレイ・ワイヤード・マーケット [カラメル!]

        | 開発 | 07:50 | - | - | - | - |
        アンモニアをクリーンで画期的な燃料に変える新しい触媒を開発
        0

          【2018年4月6日 熊本大学プレスリリースより】

          【ポイント】
          アンモニアはカーボンフリーな石油代替燃料として注目されています。
          燃えにくい性質のアンモニアを効率よく燃焼させ、有害ガスではなく窒素を生成する触媒を開発しました。
          地球温暖化対策と再生可能エネルギー高度利用社会構築に貢献します。

          【概要説明】
          近年、アンモニア(NH3)は二酸化炭素(CO2)を排出しないカーボンフリーな燃料として注目されていますが、燃料として汎用的に使用されるためには燃焼生成物が窒素(N2)と水(H2O)のみであることに加えて、燃焼開始温度の低下が求められます。この度、熊本大学大学院先端科学研究部 町田正人教授研究室 日隈聡士助教らは、NH3を低温から燃焼させてN2を選択的に生成させる新しい触媒の開発に成功しました。本成果は、地球温暖化対策ならびに再生可能エネルギー高度利用社会構築に寄与することが期待できます。
          本研究は、科学技術振興機構 戦略創造研究推進事業(さきがけ)の支援を受けたもので、科学雑誌「Journal of Catalysis」に平成30年3月26日(月)掲載されました。…

          <全文を読む>

           

          266nm, 320nm, 355nm, 360nm DPSSレーザー

          多機能光計測器 Spectrometer, 光スペクトル[nm],
          照度[lx], 光束[lm], 光度[cd], 輝度[cd/m2],
          放射照度[mW/m2], CRI, CCT, 積分球, 解析ソフトウェア

           

          金属材料, 特殊金属, 合金, 非鉄金属, 純金属
          金, 銀, インジウム, プラチナ, イリジウム, ニオブほか
          Metals, Alloys, Gold, Indium, Plutinum

           

          腐食抑制剤 OptiShield(Corrosion Inhibitor), 腐食防止, 腐食抑止

           

          レーザー色素 (吸収色素, 381nm~899nm, 900nm~, 紫外域(UV)から近赤外(NIR)まで800種類以上)

           

          盗難防止ナット, 防犯ナット (盗難防止, 盗難防止ボルト, 取り外し防止)

           

          <アクティブレイ・サイエンティフィック株式会社>

           

          <アクティブレイ・ワイヤード・マーケット>

           

          アクティブレイ・ワイヤード・マーケット [カラメル!]

          | 開発 | 07:10 | - | - | - | - |
          抗がん剤の副作用を生体外で再現するデバイス「ボディ・オン・チップ」の開発に成功
          0

            2017年7月31日 京都大学プレスリリースより】

            亀井謙一郎 高等研究院物質−細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)特定拠点准教授、田畑修 工学研究科教授、平井義和 同助教らの研究グループは、微細加工技術を駆使した生体外ヒトモデル「ボディ・オン・チップ」の開発に成功しました。この大きさわずか数センチメートルのチップは、患者や健常者などに頼ることなく薬の効能・効果や毒性を評価できるデバイス技術であり、現在、前臨床試験で行われている動物実験の問題点を克服できる新しい試験法となることが期待されます。

            本研究成果は、2017年7月25日に英国の科学誌「RSC Advances」オンライン版で公開されました。

            研究者からのコメント
            本研究では…

            <全文を読む>

             

            ウェアラブルカメラ (実験手順/操作手順撮影, 外科手術/歯科手術撮影,

            動物/魚類解剖撮影, 製造手順/点検手順撮影)

             

            腐食抑制剤 OptiShield(Corrosion Inhibitor), 腐食防止, 腐食抑止

             

            レーザー色素 (吸収色素, 381nm~899nm, 900nm~, 紫外域(UV)から近赤外(NIR)まで800種類以上)

             

            盗難防止ナット, 防犯ナット (盗難防止, 盗難防止ボルト, 取り外し防止)


            <アクティブレイ・サイエンティフィック株式会社>

             

            <アクティブレイ・ワイヤード・マーケット>

             

            アクティブレイ・ワイヤード・マーケット [カラメル!]

            | 開発 | 07:30 | - | - | - | - |
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << January 2019 >>
            + 広告募集 01
            AD 003
            + 広告募集 02
            AD 003
            + SELECTED ENTRIES
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE
            + OTHERS
            このページの先頭へ